チャット、電子掲示板、ブロガーなどの嫌がらせから身を守るためのwikiです。

ネット情報は嘘ばかり


以下は、インターネット住人たちが流布している嘘情報を検証したものです。

‘本の財政破綻説
ネット住人達(特に経済評論家)は、2013年ごろに日本の財政が破綻すると
主張していました。
しかし、何も起きなかったことは周知の事実です。

日本の貧困化説
ネット住人達は、「ワーキングプア」や「ネットカフェ難民」、
「ニート」「フリーター」といった
流行語を囃し立て、日本が貧乏になると喧伝しています。
しかし実際は逆で、日本はどんどん豊かになっています。
このところ日本人の総資産が一京円を超えたと
読売新聞が報じました。
また、日本人が総じて裕福になった為、イデコ(公的年金)
の運用も始まっています。

F本の漫画・アニメブーム
ネット住人達は、日本の漫画やアニメが世界中で
人気と信じて疑いません。
しかし、実際は日本の漫画やアニメの人気は
国内でも海外でも低迷しています。
特に少女性愛が白眼視される欧米諸国やアジア、中東などで、
萌えが売れないことは子供でも分かるはずです。
しかし、オタクたちにとっては、それが理解できないのでしょう。
また、出版不況の日本においては、漫画の売り上げが毎年
10%ずつ下がっています。
いくら「発行部数=印刷した部数」を水増ししたところで、
日本の漫画はもう売れないのです。
その上、日本アニメは、テレビ業界から
罪を宣告されました。
視聴率が取れないという罪です。
この為日本アニメは、深夜枠へと追いやられ、
ますますマイナーなものになっています。

て本の就職難説
ネット住人達は、日本の若年層が就職できなくなっていて、
ニートやフリーターが急増している、などと事実無根の
書き込みをブログや電子掲示板などで行っていますが、
これも全くのでたらめです。
厚生労働省および文部科学省が発表した就職内定状況調査によると、
2018年3月に卒業を予定する大学生の2月1日時点の就職内定率は、
前年同期比で0.6ポイント改善の91.2%だったことが明らかになりました。
実際、日本の雇用環境は改善されており、短時間勤務を
認める企業も現れ始めています。
日本の失業率が2%台にまで低下していることがその証拠です。
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

メニューサンプル1

メニューサンプル2

開くメニュー

閉じるメニュー

  • アイテム
  • アイテム
  • アイテム
【メニュー編集】

管理人/副管理人のみ編集できます