チャット、電子掲示板、ブロガーなどの嫌がらせから身を守るためのwikiです。

危険なチャットサイト一覧


援助交際及び出会い目的の利用者、他人の個人情報などを
勝手に公開しているユーザーの多いチャットサイトをご紹介します。

teacup みんなのチャット

かつて、多数のネット探偵※たちが巣食っていたチャットサイトです。
ユーザーたちの素行不良により、2012年秋に閉鎖となりました。
このチャットサイトを運営していたのは、GMOという会社のようです。

※ネット探偵…インターネットコミュニティにおいて、他人の動向や情報を嗅ぎ回るネットユーザーのこと。

feeder

多機能を売りにしているチャットサイトです。
運営している団体や人間の素性が全く分からず、
サーバーは香港にあり、有料会員の代金の支払いは
PayPal(金銭の支払い代行業者)に任せているなど
不審な点が多いサイトです。
ちなみに、このチャットサイトで最も利用者の多い部屋は
「みんなのフラゲチャット」という部屋です。
利用者にオタクが多い為、日本アニメや萌え、そしてオタクへの批判はタブー視されています。

漫画チャット

前述のfeederと同じく、日本のアニメやゲームの狂信者、いわゆる「オタク」の
集まっていたチャットサイトです。
サムライファクトリーやレオンテクノロジーといった
会社が経営していましたが、2017年春に閉鎖が決定しました。
このサイトには、ネット上で金銭の貸し借りをしていた者もいたようで、
危険度は高かったと思われます。

チャなり!

架空のキャラクターになりきって文字だけのやり取りをするサイトです。
前述の「teacup みんなのチャット」の残党ユーザーが居座っており、
数年も前のチャット内のいざこざをほじくり返すなど、粘着質で攻撃的な
ユーザーがいるようです。
このサイトのユーザーは、5年以上、PCの前でリンチとストーキングを
繰り返している為、「インターネット依存症」の進行具合は
最悪の状態にあります。
その上、気に食わない人間の書き込みをスクリーンショットで保存し、
晒し者にする悪質ユーザーもおります。
また、feederと同じく、管理者の素性が明らかにされていません。

かにチャット

前述のfeeder、チャなり!と同じく、管理者の素性が明記されていません。
また、チャットのログをBandicom(動画編集ソフト)で録画し、
Youtubeやニコニコ動画といった動画共有サイトで晒し上げる悪質なユーザーの存在が確認されています。
その他、他人になりすまして書き込みを繰り返すユーザーも多数おります。

ナスカパーティチャット

アダルト目的の利用に使われる「2ショットチャット」への入り口が
リンクに貼られています。
なお、このチャットサイトも管理者の情報が全く公開されていません。
また、2009年ごろ、小学生〜中高生のグループがこのチャットサイトを通じてリアルで出会っていたことが
確認できています。
このような行為は非常に危険です。
特に女学生の場合、ネットで知り合った男性に裸の写真を撮影され、
「お金を払わなければ、この写真を公開する」と脅された例もあるそうです。
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

メニューサンプル1

メニューサンプル2

開くメニュー

閉じるメニュー

  • アイテム
  • アイテム
  • アイテム
【メニュー編集】

管理人/副管理人のみ編集できます