チャット、電子掲示板、ブロガーなどの嫌がらせから身を守るためのwikiです。

過ぎ去った日本漫画ブーム


かつて「漫画は日本の文化」と言われていましたが、
日本の漫画ブームは既に過ぎ去っています。

時代は出版不況の真っ只中です。

漫画雑誌は休刊が相次ぎ、町からはどんどん本屋が消えていっています。
大手出版社が毎年、何十億という赤字を出し、業界全体で見ても、
漫画雑誌の売り上げは14年連続の前年割れ、漫画雑誌は
各出版社とも、発行するたびに何千万円という赤字を出し、
単行本の売り上げで、赤字を埋めることが日常化しています。

特に漫画雑誌はビジネスそのものが崩壊していて、
例えば、ある大手出版社の発行している週刊漫画雑誌は
毎週発行するたびに2000万円以上の赤字を出しています。
週刊で年に50冊発行するわけですから、1年で10億円の赤字です。
それを単行本の売り上げで埋めるというのが現状です。

これは漫画に限らず、あらゆるジャンルの雑誌に言えることで、
ある大手の出版社では2008年度は約70誌ある雑誌のうち、
60誌以上が赤字でした。

また、2010年になると、日本の漫画の売り上げが過去最大の
落ち込みになったとメディアが報じました。
また、最近の話では、毎年、日本の漫画は10%ずつ売り上げが減少しているとのことです。

その上、日本の雑誌のうち、90%以上の雑誌が深刻な赤字を抱えています。
もはや雑誌のビジネスモデルが崩壊していることは、
疑いようのない事実です。

漫画雑誌は恐らく、近い将来に無くなるでしょう。
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

メニューサンプル1

メニューサンプル2

開くメニュー

閉じるメニュー

  • アイテム
  • アイテム
  • アイテム
【メニュー編集】

管理人/副管理人のみ編集できます